コンパニオン宴会予約サイト宴会の達人

元・人気スーパーコンパニオンが激白!【コンパニオン宴会で失敗する男性5つの特徴とは】

元・人気スーパーコンパニオンが激白!【コンパニオン宴会で失敗する男性5つの特徴とは】潤オゆかり'S ボイス潤オ

日常の生活を忘れ、旅先で思い切りハメを外すことができるコンパニオン宴会。大人の男性であれば誰もが憧れる、粋な遊び方ではないでしょうか。
しかしいざ実際に宴会に参加しても、お酒を飲みすぎてしまったり、会話の内容がズレていたりして、女の子たちのご機嫌を損ねてしまうような失敗をする男性も決して少なくありません。

せっかく普段では体験できない場所にきているのですから、「上手に宴会を楽しんでほしい」と思うのがコンパニオンたちの本音です。主役である男性陣も、できれば失敗することなく女の子たちと仲良く楽しい時間を過ごしたいと思っていますよね。

今回の記事では、元スーパーコンパニオンである私・ゆかりが、コンパニオン宴会の場で数々の男性と接してきた経験を踏まえ、コンパニオン宴会で失敗してしまう男性の5つの特徴をご紹介します。
実際にあった失敗例を事前に知っておけば、必然的に成功の確率も高まるもの。この記事に出会ったあなたは、今後コンパニオン宴会を存分に楽しめるチャンスを手にしたも同然です!ぜひゆかりのアドバイスに最後まで目を通し、しっかりと心に留めておくようにしてくださいね。

スーパーコンパニオンの胸元

失敗する男性の特徴1.自分の自慢話ばかり

スーパーコンパニオンに嫌われる典型的な男性といえば…終始自分の自慢話ばかりする男性。
「お金をたくさんもっている」「一流企業に勤めている」「自分は仕事ができる男だ」「偏差値の高い大学出身だ」「女の子にモテてきた」などなど・・。

はっきり言って女の子たちは、あなたの自慢話なんて全く興味ありません。もっと言えば、高飛車に会話する男性はキライです。延々と自慢話に付き合わされると、次第にこちら側のテンションが下がっていくのでやめてくださいね。

会話はあくまでキャッチボール。私たちはいつもお客様のご様子を伺いながら会話の内容を選び、相手にボールを投げています。男性も、いつも自分の話をするだけでなくコンパニオンの話に耳を傾け、たまには褒めてみるなど、気遣いの姿勢を見せると好感度が一気に上がりますよ♪

ここで、コンパニオンが喜ぶポイントをちょこっと追加でアドバイス。
女の子は、容姿だけでなく些細な仕草や身につけているものなど細かい部分まで褒めてあげると機嫌がよくなります。「その服、かわいいね!似合っているよ」。嘘でもいいので試しに言ってみてください!その場の空気が一気に華やぎ、楽しい雰囲気になるはずです。
聞き上手&褒め上手な男性はコンパニオンに人気なんですよ♪

ランジェリー姿のコンパニオン

失敗する男性の特徴2.時間を気にし過ぎる

多くのお客様は、時を忘れて一緒に宴会を楽しんでくれるのですが、中には時計にチラチラ視線を向けて宴会に集中しきれていない男性もいます。 早く宴会が終わるのを待ち侘びているのか、何か約束事があるのか、あるいは延長料金がかかるのを恐れているのか…理由は分かりませんが、場が盛り上がっている最中に心ここに在らずのような時間を気にしすぎる振る舞いは、女の子からすれば興醒めです。

ほとんどのコンパニオンは「できるだけ日常を忘れてお客様に宴会を楽しんでもらいたい」と思いながら接しています。わざわざ温泉地にまで足を運んで参加していただいているからこそ、普段のお仕事モードからリラックスモードに気持ちを切り替えて、宴会の世界に没頭してほしいと思うのです。

コンパニオン宴会の場は、非日常。いつも忙しくされている方こそ、時計を外して時間を忘れてみてはいかがでしょうか。

両手にコンパニオン

失敗する男性の特徴3.強引で女の子を気遣わない

宴会で失敗する男性の典型例は、女の子に対して気遣いをせず、やたらと自分勝手で強引に物事を進めようとする男性です。無理矢理LINEや電話番号の交換を求めたり、女の子の反応を気にせず手を握ったり触ったり。自分の気持ちだけを相手に押し付ける自己中な男性は、女の子たちから嫌われます。

もちろん宴会の場での適度な積極さは大切です。自分が好きなタイプの女性を前にしてテンションが高まるのも理解できます。しかし場の空気を読まず自分勝手に振る舞っても、女の子の気持ちは引くだけです。

女の子に気に入られたいのであれば、中学生や高校生のようにガツガツ焦らないこと。女の子は余裕のある大人の男性が好きなのです。まずはたくさん会話してお互いのことを知りましょう。気を遣いながら接してくれているのが分かると、宴会慣れしている女の子でも嬉しいもの。
また、ゲームなどを上手に活用して楽しみながら互いの距離を徐々に近づけていくと、女の子の心の扉も開きやすくなりますよ♪

スーパーコンパニオンにお酌

失敗する男性の特徴4.下ネタを避ける

お客様の中には、エッチな話題や下ネタになると急に眉をしかめて話をそらす方がいます。女の子がせっかく盛り上げようと話題を振っているのに、避けられるのは悲しいもの。 先述した強引過ぎる男性もNGですが、スーパーコンパニオン宴会に参加しているのにやたら下ネタを避ける真面目すぎる男性は、コンパニオンからすると「もったいないなぁ」と感じてしまいます。

そもそもコンパニオン宴会に来ているのだから、本当は下ネタが嫌いではないはず。会社では真面目が評価されますが、宴会の場では話は別。宴会では普段の自分を一旦忘れて、適度に下ネタを織り交ぜながらエッチな会話やスキンシップを楽しむことが大切です。

下ネタに対するハードルが高いのであれば、自分の体験談や恋バナ、好みのタイプなどライトな話題を話すのがおすすめ♪徐々に初エッチや好きなプレイなど下ネタ度を上げていき、フランクに話してみてはいかがでしょうか。

真面目な方は「女の子には硬派でないと嫌われるのでは」「下ネタなんて恥ずかしい」と不安になることもあるでしょう。ですがコンパニオン宴会では遠慮は不要!真面目すぎるよりもちょっとエッチな方が、コンパニオンにはモテるんです。
宴会の場を非日常な大人の雰囲気に持っていくためには、下ネタは欠かせないスパイスです。恥ずかしがらずに積極的に下ネタに触れ、心のバリアを取り外しましょう。

シースルーコンパニオン

失敗する男性の特徴5.お酒を飲みすぎる

せっかくのコンパニオン宴会にもかかわらず、お酒を飲みすぎて酒乱化し、粗相を繰り広げる男性も…。大の大人の泥酔は見ていてあまり気持ちいいものではありません。なかには私たちコンパニオンに対し暴言を吐いたり、無理強いを繰り返したりして、女の子から総スカンを食らった方をこれまで何人も見てきました。

また、お酒を飲みすぎて記憶を無くすことも失敗の一例。楽しい時間を過ごしたのに全く覚えてなければ、コンパニオン宴会に参加した意味も半減することでしょう。

お酒が好きなことは決して悪いことではありません。都会からわざわざ温泉地に訪れて、日常を忘れてハメを外したい気持ちは非常によく分かります。それでも、やり過ぎは禁物なのです。
「お酒は飲んでも飲まれるな」
お酒はあくまで宴会を盛り上げるための道具にすぎません。コンパニオンたちといっしょに、程よくお酒を嗜みながらも宴会に意識を向け、めくるめく時間を過ごしましょう♪

かわいいスーパーコンパニオン

まとめ

数多のコンパニオン宴会でいろんなお客様を見てきた私が、これまでの経験を踏まえてコンパニオン宴会で失敗する男性の特徴について紹介してきました。

自身の経験を振り返ってみると、せっかく第一印象が良く「素敵な男性かも?」と思っていても、いざ宴会が始まると残念ながら期待はずれに終わることも多々ありました。はっきり申しますと、もったいない!大切なのは節度を守りつつリミッターを外すことです。

これまで失敗を繰り返してきた男性陣は、些細な心がけ次第でコンパニオン宴会がもっと楽しいものになります。今後コンパニオン宴会を利用する際はぜひ今回の記事を心に留めて、失敗せずに楽しい宴会にしてくださいね。

関連記事
気になるコンパニオンと連絡先を交換する方法
私・ゆかりが、お気に入りのスーパーコンパニオンと連絡先を交換する具体的な方法や、連絡先の交換ができるコンパニオンの見抜き方、連絡先を交換した後の効果的なやりとりなどを自らの経験を踏まえて紹介していきます。
モテる男性の特徴と宴会時に有効な口説き方とは
私・ゆかりが、スーパーコンパニオン宴会でモテる男性の特徴、そして宴会の際に効き目がある口説き方のコツを、具体例を示しつつお伝えしていきます。
身も心も熱くなった大興奮の宴会体験ランキング
私・ゆかりが、読者の方からリクエストのあった【コンパニオン時代の思い出深い宴会】をランキング形式で赤裸々にお伝えしていきます。

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る

株式会社ワイエスツアーズ 東京都知事登録旅行業2-5850号

  • 【TEL】03-3503-7883 【FAX】03-3503-7871
  • 営業時間 月〜金曜【10:00〜17:00】
  • 土曜・日曜・休日・年末年始【休業】
    ※当面の間、営業時間を短縮させていただきます。
  • スーパーコンパニオンコラム ・ ピンクコンパニオンコラム
ssl
株式会社ワイエスツアーズ
東京都知事登録旅行業2-5850号
【TEL】03-3503-7883 【FAX】03-3503-7871
営業時間 月〜金曜【10:00〜17:00】
土曜・日曜・休日・年末年始【休業】
※当面の間、営業時間を短縮させていただきます。
Copyright (C) 2008-2023 Y.S.TOURS CO., LTD. All Rights Reserved
0120-415-883
メールお問合せ